ORCA CYCLING SCHOOL | 愛知県名古屋市のロードバイクスクール

ORCA CYCLING SCHOOL | 愛知県名古屋市のロードバイクスクール

モニター

【モニター報告】Y . A 様 (20代男性) の場合

2022.9.14

モニターにお申し込みいただいたクライアント様のトレーニング結果をご案内したいと思います。

 

プロフィール

今回モニターにお申し込みいただいたクライアント様のプロフィールを紹介させていただきます。

 

● Y.A 様のカウンセリングデータ
対象
: 20代男性
目的目標 : エンデューロ・クリテリウムに参戦したい
練習時間 : 平均8-12時間/週
フィットネス  : CTL70前後

 

● アセスメント評価
柔軟性 : ハムストリング・大臀筋の硬直
→ サドル上で骨盤角度の調整が自身でコントロールできない
動作 : 膝関節伸展(大腿四頭筋)をメインとしたペダリング
→ 持久的動きへの阻害となる
動作 : 上半身の筋力が弱く、動作がバラバラ
→ ハンドルの押す・引くができない状態

 

● Power Profile ( Power Profile とは )

● Time In Power Zones ( Time In Power Zones とは )

以上のデータを元にカウンセリングを進めていきました。

 

トレーニングの提案

ターゲットとしているレースから
・5sec … 16.0w / kg < 
・1min … 8.5w / kg <
・20min … 4.8w / kg <
を春先の目標として掲げました(2020年4〜6月頃)。

 

ライフスタイルを伺ったところ、通勤で自転車に乗ることができるので “通勤時間を上手くコントロールしましょう” とアドバイス。しかし、普段からそのように乗る時間が確保できている中でのプラトーを考えると、結果を出すためにはエンデュランスでなくストレングスにおける機能改善・向上がメインになりそうと考察。

 

トレーニングの結果

継続したトレーニングを受講いただいた結果は、以下のようなデータとなって現れました。

 

●Power Profile

時間 5sec   1min   5min   20min
モニター前 877w 456w 320w 286w
モニター後 948w 540w  336w 291w
数値差 +71w +84w +16w +5w
向上率 +8.09% +18.42% +5% +1.74%

 

● Time In Power Zones

強度 Z1 Z2 Z3 Z4 Z5 Z6
モニター前 59.5% 17.0% 10.7% 7.24% 3.40% 2.19%
モニター中 48.8% 22.1% 14.1% 8.01% 3.45% 3.48%

 

● Duration + TSS volume

 

各MMPが向上している中でも、圧倒的に “1min” のパフォーマンスが向上したのは驚きでした。これらはストレングストレーニングにおける筋力向上だけでなく、おそらくペダリング効率の改善(5-7時位置での踏み抜きの改善)が起きているのではないかとみられます。また、1分だけでなく5分のMMPも向上も同じような理由が大きいと思いますが、代謝機能に対する変化もあったと考えられます。

 

トレーニングを終えた先のお話

 

ストレングストレーニング

継続的にベーシックなエクササイズを実施しつつ、プライオメトリクスやバリスティックな種目を導入することをオススメします。2月までは週1-2回、3月からは週1回を目安に継続的に取り入れることで、パフォーマンスを維持することができると考えられます。

 

バイクトレーニング

Tempo領域のトレーニング時間を増やしつつ、持続速度および時間の向上を目指しましょう。また、それでけでなく解糖系に対するアプローチを増やしつつも、スキルトレーニングとしてスプリント能力を磨いていけると、より面白いことになるのではないかと考えられます。

 

Y.A 様、モニター受講頂きましてありがとうございました。